睡眠の大切さについて~NHKラジオ〈腸内細菌のチカラ〉より~

f:id:tacoharumaki:20200714114415j:plain

前回の記事に続き、今回も同じく、藤田絋一郎 先生のラジオ講座〈腸内細菌のチカラ〉の中から第12回(2020.6.21放送分)より要点を抜粋して紹介させて頂きます。

脳のある高等動物が睡眠を必要とするのは、
脳の大きさに限りがあるため、ずっと起きていると情報処理しきれなくなることが大きな理由です。

人のサーカディアンリズム(概日リズム、体内時計)は、24時間10〜11分これは宇宙のリズム
地球の自転周期は徐々に伸びています。 (10〜11分の伸びしろ)
人体の細胞 37兆個
時計遺伝子に異常 がん細胞
2%が新しくなる(7004億の新しい細胞)
体内時計を無視するとがん細胞ができる
ローカルスリープ(局所睡眠)
起床時に朝日を浴びると体内時計がリセットされ、精神を安定させる
イルカイルカや渡り鳥は脳を半分ずつ眠らせる「半球睡眠」 
草食動物はカロリー摂取効率が悪いことと、外敵から逃れるために睡眠時間が短く設定されています。

◆ノンレム睡眠(入眠後90分で深い睡眠へ ゆったりした脳波)
その役割はまだよくわかっていない。

レム睡眠(夢見中)ノンレム睡眠の後90分で小刻みな脳波へ→あまり使われなかったシナプスを淘汰)
ノンレム睡眠ばかりだと脳機能が低下し心停止へ至る恐れがある、それを防止。〈睡眠の中の覚醒状態〉と言える。

□ 睡眠不足の弊害
睡眠の質と胃腸の働きの関係(睡眠障害が起きると、ストレスとなって交感神経が優位に活性化し、ストレスホルモンの分泌が増加し、胃腸障害も起こる。)

例) 旅行中の機能性便秘、過敏性腸症候群 など

ストレス過多→交感神経亢進→ストレスホルモン(副腎皮質ホルモン)過剰分泌→免疫を司るTリンパ球(T細胞)の機能を抑制→免疫力ダウン→様々なトラブル(風邪引き易くなる、睡眠障害、精神症状、アルツハイマーパーキンソン病、腸内細胞の素性と機能、概日リズムに異常)

日没後にブルーライト可視光線の中で最も波長が短い青色光)を長時間見ることによって、ヒトの体内時計は狂ってしまいます。ブルーライトを浴びることで概日リズム(体内時計)が障害され、
メラトニンという自然な睡眠導入へ導くために大切なホルモンの分泌が抑制されて眠れなくなるのです。節電の目的で普及したLEDにもこのブルーライトが含まれており、目と脳に重大な影響を与えます。 ですから、寝る前の3時間はスマホはダメなのです。
 
眼精疲労睡眠障害を防ぐためにも、少なくとも寝る前の3時間はテレビやスマホから距離を置き、部屋を暗くすることが大切です。
 
□ 睡眠中に分泌されるホルモン
 
自然な睡眠導入へ導いてくれるこのメラトニンには、人体に有害な活性酸素を抑制してくれるという働きもあるのです。
 
②成長ホルモン 
その名の通り成長促進のホルモンですが、代謝にも関わっていて、細胞の新陳代謝、免疫向上、疲労回復などの身体のメンテナンスに重要な役割を果たします。入眠後2〜3時間後に特に多く分泌されます。
逆に眠りが浅くなってくると、成長ホルモンに代わって今度はコルチゾールが分泌されます。これは体内に蓄えられた脂肪をエネルギーに変える働きがあります。眠りの質が悪く睡眠不足になると、脂肪をうまくエネルギーに変えることができず、コルチゾールが分泌されないと肥満になってしまいます。
 
朝日の強い光を浴びることで、脳内伝達物質であるセロトニンの分泌が促進され、脳をしっかり覚醒させると同時に精神を安定させます。

体内時計のズレは蓄積されるのですが、セロトニンはこれをリセットしてくれる役割もあります。

また、ホルモンはタンパク質から作られるので、毎日の食事では良質のタンパク質を摂るよう心がけましょう。

□脳を覚醒させる 「オレキシン(脳を覚醒させるホルモン)
 これは日中に多く分泌されるホルモンで、空腹時に分泌され目覚める赤ちゃんを見てもわかるように、 摂食行動を促します。退屈な時には分泌されないという特徴があり、そのためつまらない授業などでは眠くなります。 
 
三度の食事を摂ることで「食事同期性概日リズム」が出来上がり、この習慣がオレキシンの規則正しい分泌リズムを作り、夜になると眠り、朝には朝食を食べる習慣に合わせて脳が覚醒するようになったということです。朝日と朝食で体内時計をリセットすることができるのです。
 

食物繊維を摂るべき理由とは?~NHKラジオ〈腸内細菌のチカラ〉より~

食物繊維を摂るべき本当の理由とは?

新型コロナの予防のためにも、健康管理には従来以上の関心が払われていると思います。その中でも日々の食の問題は大切ですね。

2020年4~6月までの三か月間、NHKラジオ第2放送で、〈腸内細菌のチカラ〉東京医科歯科大学名誉教授 藤田紘一郎先生のお話を聴講し、大変に勉強になりました。その中から第11回「食物繊維を摂るべき理由」(2020.6.14放送分)を以下に要約いたします。テキストも出ております。

f:id:tacoharumaki:20200714114415j:plain


⑴食物繊維は、五大栄養素に次いで「第六の栄養素」と呼ばれるほど大切なもので、毎日必ず摂取せねばなりません。

食物繊維には、A.水溶性とB.不溶性の2種類があります。
(どちらも納豆、オクラ、モロヘイヤ、山芋、里芋などネバネバ食品に多く含まれています。)

A.水溶性食物繊維は、腸内細菌が自らが増殖するためのエサとして必須。(特に、海藻類、こんにゃく、豆類、タマネギ、らっきょう、ニンニク、ゴボウ、アボカド、ニンニクに多い。)

B.不溶性食物繊維は、腸内の腐敗物質を排出するために必須。最高のデトックス(解毒)効果。大腸がんの予防効果があります。

⑵食物繊維の最大の利点は、腸内細菌がこの食物繊維を発酵させて「短鎖脂肪酸」という物質を作るという点にあります。

「短鎖脂肪酸」こそ、我々の健康維持に必須な万能薬の働きをしてくれるのです!
次へ腸の蠕動運動を促進
次へ腸管のエネルギー源となる
次へ腸上皮細胞の新陳代謝を促進する
次へ有毒な活性酸素を中和する
次へ脂肪の蓄積を減らし肥満を防ぐ
次へ糖尿病改善ホルモン「インクレチン」を増やす
次へアレルギー反応を抑制する
次へ脳内伝達物質「セロトニン」を増やす etc.

⑶食物繊維不足によるリスク

偏った食生活をして食物繊維不足に陥ると、腸内細菌(そのほとんどは大腸に棲んでいる)は、小腸が分泌する粘液を食べて生き延びるしかありません。しかしそれによって、大腸の防衛機能が衰えて細胞に炎症が起きるのです。

⑷食物繊維の上手な摂り方

a.「酢タマネギ」…タマネギは善玉菌にエサとなり、食物繊維を分解して短鎖脂肪酸を作る。腸の蠕動運動が活発化し、代謝が良くなり、血糖値や血圧の上昇を抑えてくれます。

(作り方)
スライスあるいはみじん切りにしたタマネギに軽く塩をふり、しんなりしたら酢を加えて冷蔵庫へ。5日目が食べごろ。そのままでも、付け合わせにしても。

b.「食前キャベツ
毎食の前に小皿一杯分のキャベツ(約100g)を食べる。キャベツには白血球を活性化させて、がん細胞を殺す作用があります。

「汝の食を薬とせよ」
by 医学者ヒポクラテス in 古代ギリシャ

病気は本来、日々の生活の中で予防し治療するべきものです。それには医食同源の言葉通り、食事を薬として取り込む意識がなければなりませんね。

 

石田鍼灸 京都北山

 

コロナ疲れ、コロナ危機にこそ、お灸と鍼の力で免疫力アップを!

『コロナ疲れ』という言葉が聞かれる昨今、

いかがお過ごしでしょうか?

 

 日々診療していますと、最近になり、新型コロナウイルスの影響で、漠然とした不安感にさいなまれている方を多々お見受けします。

 

 気分への影響は、不眠や食欲減退、胃腸障害などとして現われます。これも自律神経系のトラブルの一つです。

 

 お灸や鍼は、免疫機能、代謝機能を高め、

病気になりにくい身体を作ることが知られています。

 

 またストレス、不安、疲労からくる自律神経の乱れを整えます。

 

 高齢社会を迎えた現代では元気に健康で長生きするための

予防医学としても期待が高まっています。

 

 ご家庭でのセルフケアや

つらい症状のある方、お気軽にご相談ください。

 

 免疫力を上げてコロナ危機を乗り切りましょう!

 

f:id:tacoharumaki:20200319090454j:plain

 

 

f:id:tacoharumaki:20200319090524j:plain

 

石田鍼灸 京都北山

大雨の奈良で失った帽子

 先週の日曜日、奈良へ。

  

 法隆寺駅に到着したあたりから、雨が降り出し、見る見る土砂降りに。

 

f:id:tacoharumaki:20200319084429j:plain

 

 それでも、法隆寺中宮寺藤ノ木古墳の三つを堪能して夕方帰宅しました。

 

f:id:tacoharumaki:20200319084459j:plain

          藤ノ木古墳と青空

 

 気が付くと帽子が無い。どこで失ったのか…

 

 奈良も広いのであきらめていました。

 

 が一応

 

 もっとも長くいた場所、法隆寺に電話して聞いてみましたら、なんと「届いています」と!

 

 着払いで送って頂きました。すぐにお礼のお電話をいたしました。

  

 帽子を拾ってくれた人、保管してくれていた人、あきらめず問い合わせた自分、三人の間の見えない糸のおかげです。

 

 この帽子への愛着が増しました。

 

 戻ってきてくれてありがとう。大切にしたいです。

 

  聖徳太子とも結縁(けちえん)できた気分ですね!

 

f:id:tacoharumaki:20200319083750j:plain

鍼灸治療と首周辺の柔らかさの診察の大切さについて

 私の鍼灸治療では、四診(望診・聞診・問診・切診)を重視するのは当然ですが、首周辺の柔らかさ、硬さを診察することもとても重視しています。これは頸椎(けいつい)の全面、側面、後面の状態を診る、と言い換えてもいいでしょう。

 

  全身の状態を表わす重要な経穴(ツボ)がこの細い首の周りに集まっているのです。もちろん、首こり、肩こり、頭痛など、首から上の症状の反応も現われるのですが、それだけでなく、腰痛や胃腸障害など、全身のすべてのコンディションの異常が現われてきます。それだけに、欠かすことのできない診察ポイントなのです。

 

 頸椎周辺を圧迫した時に出る痛み(圧痛 「あっつう」)のことは、西洋医学医の父が長年の臨床経験から得た見識からの影響もあり、私も二十年以上前から認識してはいましたが、鍼灸治療のための診察診断法としての実際的な運用法としては、よく分からずじまいでした。

 

f:id:tacoharumaki:20200309183026j:plain

 

 そこへ数年前、偶然の機会に出会った木戸正雄先生の『変動経絡検索法』(通称 VAMFIT)によって、より確実に、かつより深い考察へと導かれるものとなりました。臨床的にもおおいに役立っています。その後も木戸先生には大きな影響を受けており、数年間ご著書を読んで独学した後、昨年から年に五回の東京の勉強会にも参加させて頂いています。

 

f:id:tacoharumaki:20200309183841j:plain

f:id:tacoharumaki:20200309183634j:plain

 

 この首周りを圧迫した時に患者さんが感じる痛みをどう説明するかですが、私は経絡(けいらく)という東洋医学的な言葉で説明するよりも、「交感神経」あるいは「自律神経」という語で解説する方が一般の患者さんには分かりやすいと思い、私は日常の臨床ではそのように言っています。

 

 「自律神経」という言葉はどなたでも知っておられるので、ピンと来るようです。ただ、ほとんどの人は、「自律神経=メンタルな異常に起因するもの」とだけ考えておられるようです。自律神経は決してメンタルなものだけに限定されて異常を起こすものではなく、気候変動や肉体労働などによる広い意味での疲労からも容易に異常を起こします。そうなると、元来自動的に調整されていた身体のあらゆる機能がおかしくなります。この種の身体の調整不良を、薬物を使わずに整える最良の方法の一つとして、古来、鍼灸というものがあるのです。

 

石田鍼灸 京都北山

眼窩内鍼(がんかないしん)の実技指導を受けて

 2020年最初の経絡治療学会香川県支部・真鍋立夫先生の実技指導は、眼窩の中に鍼を刺し入れる「眼窩内鍼」に関するものでした。これまでもこの施術方法については、所々で耳にすることはありましたが、私自身が実際に指導を受ける機会には恵まれていませんでした。

 

 眼窩というのは眼球のはまっている頭蓋骨のくぼみのことで、眼球そのものには鍼を当てずに、この眼窩と眼球との隙間の図の6点に鍼を刺入する方法です。これは緑内障の目の痛みを楽にすることができるとのことで、さらに色盲や仮性近視にも効果があるとの見解もあるようです。

 

f:id:tacoharumaki:20200212120208j:plain

          眼窩内鍼の刺入6点

 ただ、眼窩の隙間に鍼を刺し入れるというのは、高度の技術が無いと危険を伴うので、普通の鍼灸師はしり込みしてしまいます。私も熟練者の指導を受けるまではやることはあるまい、と考えていました。

 

f:id:tacoharumaki:20200212214916j:plain

 

 今回、指導を受けるだけでなく、私自身もモデルとして施術して頂きました。まったく無痛で、深く刺されている感じもなく、受ける側としては極めて楽な施術方法であることがわかりました。施術後は何となく楽に物が見えるようになった印象がありました。中学生の子の仮性近視に有効であることを証明すべく、わが子への施術で研鑽を積みたいと考えています。見かけよりも危険性のずっと低い安全な施術方法であることも分かりました。

 

石田鍼灸 京都北山

 

京都府立植物園の中にひっそりとある神社のこと~半木神社(なからぎじんじゃ)~

 世界遺産の点在する京都市内ですが、北区の上賀茂神社と、左京区下鴨神社のほぼ中間地点、植物園の敷地の中に「半木神社(なからぎじんじゃ)」という小さなお宮さんがあることをご存知でしょうか。

 

f:id:tacoharumaki:20200125184243j:plain

f:id:tacoharumaki:20200125184125j:plain

 

古地図を見ると、このあたり一帯はほぼすべてが農地なのですが、上賀茂神社下鴨神社の中間に、もうひとつ祠(ほこら)が描かれています。これが半木神社であり、おそらく、農道の途中の鎮守の森の中にポツンとあったのではないかと思われます。大正時代末に京都府立植物園が開設されましたが、それ以前のことになります。

 

f:id:tacoharumaki:20200212214423p:plain

  〈現在の上賀茂神社 下鴨神社 府立植物園の様子〉

 

f:id:tacoharumaki:20200212121632j:plain

   〈江戸時代の上賀茂~下鴨の地図〉

    左上が上賀茂神社 右下が下鴨神社

    その中間地点の農道の小さな茂みが半木神社の森

 

 

f:id:tacoharumaki:20200125184108j:plain

 

 境内に掲げられた表示板によると

「この土地はその昔、賀茂族が開墾した土地であるが、奈良時代には「錦部の里」と呼ばれていた。そのわけは、古来、養蚕製糸が営まれ、絹織物の生産が盛んであったためである。平安時代に入り、後一条天皇の御代、寛仁二年(西暦1018年)に、賀茂別雷神社社領地として朝廷より正式に錦部郷の名をもって寄進された。」とあります。

 

そして驚くことに、

「賀茂族と秦族の人々が、その職業の守護神として、四国の阿波国より天太玉命(あまのふとだまのみこと)を勧進鎮祭した。」つまり、今の徳島県から養蚕業の守護を願って神様においで頂いたというのです。なぜここで阿波の神様なのでしょう。ちゃんと調べてみたい衝動にかられます。これは民俗学の領域なのでしょうか。

 

f:id:tacoharumaki:20200125184147j:plain

 

 祠の周囲は鬱蒼とした手つかずの林に包まれています。神の森として保存されてきた、園内で唯一の自然林なのです。町中の植物園、その中の一角に小さな〈古代〉を感じます。

 

f:id:tacoharumaki:20200125184259j:plain

石田鍼灸 京都北山